母なる大河、黄河を守ろう!「日中青年陜西省黄河台地生態緑化事業」がスタート

日中青年友好交流、協力活動として「日中緑化交流基金」の助成を得て植林事業「日中青年陜西省黄河台地生態緑化事業」が2011年11月スタートしました。

中国側のカウンターパートの「中国国際青年交流センター」との共同プロジェクトで当面3年間、年間約50haの面積を中国の青年たちとともに黄河流域の植林活動を行います。 来春からボランティアで構成された植林緑化代表団を派遣して中国の青年たちとともに共同で植林活動を行います。

これに先立ち10月20日から24日まで植林代表団が派遣され現地で地元の青少年も参加して盛大に植林の式典が行われました。

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。