21世紀を考える全国青少年体験活動シンポジウム福岡大会開催される

10月7日~9日、福岡大会が朝日ホ-ルや福岡各地で開催され、北は札幌市から南は長崎市まで全国から140人の青年達が集まり
学ぶ・つながる・語り合う~合言葉は”この指と-まれ”のテ-マのもとアツイ3日間を過ごしました。
1日目 10月7日(土) 初日からエンジン全開
実行委員長から歓迎の挨拶と前回開催地和歌山大会「わくわく宣言」が発表され日都青も繋がっている等の紹介がありました。
基調講演はアビスパ福岡等を誘致した佐藤靖典氏「夢は心のエンジンだ」活動は楽しく夢を持って続けようとのメッセ-ジがありました。
交流会では最初、ゲ-ムなどで楽しみ、実行委員のパフォ-マンスもあって大いに盛り上がりました。
2日目 10月8日(日) さあ分科会だ!
1.「博多まち歩き」 博多の良いかとこ見ちゃらんね!
2.「炭坑物語」 ~黒かダイヤば見に来んさい~
3.「干潟と人工島を一緒に歩かんね? ~いぼってよかろうもん~
4.「西都・太宰府史跡めぐり!」 ~博物館も見に行くバイ!~
5.「郷土料理作り」 博多のうまいもん食べてみんしゃい!
6.「先端技術に触れる」 発信福岡、21世紀はまかせんしゃい!
7.「元冠史跡めぐり」 今の博多は元冠なしでは語れんばい 
8.「明太子作り」 明太子の秘密ば見せてやるけん!
分科会終了後は、途中で分科会が合流、分科会のこと、日頃思っていることや活動の紹介など夜を徹して語り合い、博多の夜も楽しみました。
3日目 10月9日(月)感動は来年の福島市へつながって・・・
全体会は各分科会の発表があり歌、ダンスなど趣向をこらして行われ、共感の拍手、感動の渦が広い会場一杯に拡がりました。
大会シンボルキ-が小畑実行委員長から浅井会長を通して次回開催地である福島市の矢吹会長に
渡され矢吹会長から決意表明があり会場全体から暖かい拍手がやみませんでした。  

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。