第5分科会紹介–青年団体と社会教育(博物館・公民館)

第5分科会紹介–青年団体と社会教育(博物館・公民館)
~社会参加とまちづくり・平和への思い~

国際青年年(1985年)のテーマは「参加・開発・平和」であった。

当時盛んであった「日本都市青年会議」に属する、各都市の青年団体(市青連や各サークル)の活動は、それから30年余りがたち、その面影は感じられない。

しかし、青年の「参加・開発・平和」に対してのGlobal Concern(地球的規模の関心・世界的懸念といったもの)は、当時よりもより一層強くなっている。

社会教育の現場にとどまらず、高齢社会のまちづくりの現場でも。
「国際青年年」当時の資料も参考に、現代の地域に必要な青年と青年団体のあり方について考える。

【スケジュール】

午前は、地域博物館-平塚市博物館を訪れ、地域博物館とは何かを学び、市内に21館ある公民館の一部を訪れる。午後は、博物館の展示内容を参考に、市内の見学を行う。社会参加とまちづくり、平和への思いを語る。

投稿者

なかの@平塚
なかの@平塚
湘南ひらつか大会は隠れたところにも、光るモノを配置してあります。ベールをどうぞはがしていってください。

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。